前へ
次へ

医療機関だからできる頑張らない禁煙

一般的な禁煙グッズより優れた成功率で評判なのが、医療施設で受けられる禁煙外来です。
医療薬を処方してくれるのも成功の秘訣であり、それらの薬が強力に禁煙をバックアップしてくれます。
禁煙補助薬は主に脳のニコチン受容体へ働き掛け、煙草を吸っても美味しいと感じなくしたり、イライラなどの離脱症状を緩和してくれます。
禁煙の妨げとなる要素を軽減できるため、自力で行うよりストレスも少ないのが魅力です。
禁煙補助薬は禁煙スタート日の7日ぐらい前から飲み始め、吸う量を段々少なくします。
喫煙しても薬の作用で美味しいとは感じないため、消費量は自ずと減少する筈です。
そしてスタート日を迎えますと、本格的な禁煙生活が始まります。
とはいえ、それまでの1週間で吸う量は相当減っているかもしれません。
もちろん禁煙生活といっても、どうしても吸いたい際は喫煙しても良かったり、禁煙補助薬のガムが処方されていればそれで代用するなど、頑張らない禁煙が行えるようになっています。

Page Top