前へ
次へ

睡眠薬と睡眠改善薬の医療的な違い

人は昼行性の動物で、朝日が昇るころに目が覚めて暗くなると活動を辞めて睡眠をとります。
睡眠は非常に重要な行動の一つで、不眠のままだと生命に危険を及ぼすこともあるとされています。
ただ人によってはなかなか夜に睡眠がとれなくて困っている人もいるようです。
夜に睡眠ができないと昼間の活動時に睡魔が襲ってくる可能性があります。
昼間に寝てしまうと夜に睡眠をとりづらくなるので、夜にしっかり眠れるような習慣にしておくほうが良いでしょう。
睡眠を薬で改善しようとするとき、いくつかの種類の薬があるので仕組みを知っておくと良いでしょう。
医療的観点から見るとまず睡眠改善薬があり、こちらはドラッグストアなどで購入ができます。
眠れるが寝つきが悪い、浅い等の時に利用することが多いです。
一方睡眠導入剤や睡眠薬は医療機関で医師の処方の元でしか利用することができません。
医師の診察を受けて不眠症であると判断されたときに処方してもらえます。
服用方法に注意して利用しなければいけません。

Page Top